【2周年】プロデューサーレター

司令官の皆さん、こんにちは。プロデューサーの兼光です。

『編隊少女-フォーメーションガールズ-』2周年

始めに、「編隊少女」をプレイしていただいている司令官の皆さん、
本当にありがとうございます!

司令官の皆さんの力で遂に2周年を迎えることができました。本当に感謝しています。
この2年の間、共に戦ったメンバー、そして応援し続けてくださった、
司令官の皆さんに
自分の気持ちを伝えたいと思い、
久しぶりにプロデューサーレターを書かせていただいています。


この2年間は、旧システムとの戦いでした。
何をするに当たっても問題が発生し、
やりたい事、
やらなければならない事が遅々として進まず、何度くじけそうになった事か。
1人だったらきっと、くじけてしまったと思います。
編隊少女チームのみんな、この2年間、自分を支えてくれてありがとう!

このチームのプロデューサーとしてみんなと一緒に
苦楽を共にしてきたことを誇りに思っています。


そして司令官の皆さま、何度も感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

「編隊少女」を継続して遊んでいただき、本当にありがとうございます!!

またいつも可愛いイラストを描いていただいているイラストレーターの皆さん、

操縦士の可愛い声を演じていただいている声優の皆さん
本当にありがとうございます!!

ここでお願い事があります。
司令官の皆さん、イラストレーターの皆さん、声優の皆さん、

この先も、編隊少女チームと一緒に夢を見ていただけないでしょうか?

現在開発中の新システムは、FLASHからHTML5に
完全移行するという技術的に難しい挑戦です。


しかし司令官の皆さんと1周年の際に約束したスマートフォン展開を実現する為、

Webブラウザながらもバリバリの3DバトルをPCとスマートフォンで
実現させる挑戦を選択しました。

もちろん、今までPCでは「編隊少女」を遊ぶことができなかった司令官の皆さん達も
これから一緒に夢を見ていただける為でもあります!

夢の一部であるアニメのPVも、間もなくお見せできそうです。
司令官の皆さんが想像している操縦士たちの日常から戦闘にいたるまで
自分なりの解釈で可能な限り表現してみましたので楽しみに待っていてください!

最後になりますが、司令官の皆さんと一緒に創る「編隊少女」は、
自分にとって本当に大切な大切な宝物です。

ゲームからアニメまで携われて、プロデューサーとして最高に幸せです。
1日でも長く、1人でも多くの司令官の皆さんと共に

「編隊少女」を創り続けるつもりですので、
引き続き可愛い操縦士たちへの寵愛をよろしくお願いいたします!!

プロデューサー
兼光一博

新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます!
プロデューサーの兼光です。

 

昨年は、『編隊少女-フォーメーションガールズ-』リリース時の目標だった1周年を実現することができました。2016年7月8日に「編隊少女」をリリースした時とおなじくらい嬉しかったです。それもすべて「編隊少女」を支えてくださった皆さんのお陰です。本当にありがとうございました!! 次は「編隊少女」2周年に向けていきますので、よろしくお願いします。チーム一丸となって様々な準備をしております。新年のご挨拶という事で、現在進行している「編隊少女」の進化を皆さんにお伝えさせてください。

 

◆「編隊少女」のスマホ展開を今春予定!!

皆さんのスマホでついに、「編隊少女」ができるようになります。
現在の「編隊少女」は、Flashで開発しておりますが、次システムではHTML5化を進めております。日々の運営と両立の為苦しくも、楽しみながら開発をしているチームを代表して、改善途中のバトル画面・戦闘機モデルをお見せしたいと思っています。ご覧ください。

 

 

本動画では伝えきれませんが、「編隊少女」のプレイ感はかなり快適になっています。描写が滑らかになり、サクサク動いてバトル中のスピード感もしっかりと表現できています。

 

◆「編隊少女」ゲーム中の改善予定!!

スマホ展開に合わせて、メインストーリーに新たな展開が開始されます。人類と戦うフー・ファイター(通称FF)の謎が徐々に解き明かされていきます。また、一度は敵だったオルタナティブ・フー・ファイター(通称AFF)が基地に配属される過程を経験していない方の為に、過去のAFFストーリーを新コンテンツとして開放していきますのでご安心ください。また、皆さんの部下である可愛い操縦士の過去や日々の生活をもっともっとご紹介するべく、好感度レベルの上限開放をしていきます。さらに先日ユーザーインターフェースを一新したバトルのバランス調整、チューニングにはじまり、全体的に大小様々な改善を予定しております。

「編隊少女」のメインストーリーの新展開については、楽しみにしていてください。当然、ストーリーの新展開に合わせて、新イベントを入れていく予定ですので、こちらも期待していてください。

 

◆「編隊少女」アニメ化進行中!!

鳩森美羽(はともりみう)、鷹登まつり(たかとまつり)のキャラクターラフをご覧ください。まだ、ラフですが、本当に可愛いです。司令官として、鳩森と鷹登と一緒に話をして、基地で過ごしている気分になりました(笑)。制作を担当していただいている、バイブリーアニメーションスタジオさん、ありがとうございます!

 

「編隊少女」のスマホ・アニメ展開は、リリース前から妄想をしておりました。イラストレーターさんが描き、声優さんが命を吹き込んで生まれたのが、皆さんの部下である操縦士達です。皆さんに、その操縦士達を温かく見守っていただけるお陰で、スマホ・アニメ展開の妄想が現実になりつつあります。「編隊少女」を制作してからいつも思うのですが、自分1人では何もできないな、と。1人で妄想を描くことはできても、妄想を現実にはできないのです。プロデューサーの役割は、妄想し、妄想を実現する為に多くの人に力を借りる事なんだな、と切に痛感しています。

 

だからこそ、この場を借りて、毎日「編隊少女」で操縦士達の面倒を見ていただいているすべての司令官の方々、「編隊少女」の制作に携わるすべての方々に対して、感謝の気持ちとお願いをお伝えしたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!!

そして、司令官の皆さん、制作者の皆さん、もっともっと力を「編隊少女」にお貸しください。操縦士達が一人前になるまで面倒を見てやってください。きっと操縦士達も喜ぶと思います。今年も「編隊少女」を引き続きよろしくお願いします!!

 

プロデューサー
兼光 一博

 

 

『編隊少女』司令官の皆さまへ

皆様、ご無沙汰しております。
プロデューサーの兼光です。

本日ついに新章に突入した編隊少女ですが、
実はアップデート後に、ある4人のプロフィールが新しくなっております。
この場を借りて改めて、編隊少女の物語を彩る彼女たちのご紹介をさせていただきます。

鳩森美羽
【鳩森美羽】CV:早見沙織
「私のこの命があればもしみんなが助かるとして、そんな状況が来た時になら、投げ捨てる準備は出来ています!」
一生懸命さと表裏一体の必死さを併せ持った危うい少女。
明るく元気ではきはきと喋り、内向的でもっと頑張らねばとひそかに考えている、チーム内での年長組。
古来より真っ当な正義というのは受け入れられず、人間である以上は他人よりも自分を優先してしまうのは仕方のないこと。
……本当にそうだろうか。みんなが優しくあることは出来ないのだろうか。
そのジレンマに押し潰されそうになりながら、それでも今日も彼女は必死で空を舞う。悪を根絶し、優しい世界を作りたいから。

吹雪舞弥
【吹雪舞弥】CV:水瀬いのり
「自分は強くなりたいのであります。自分と真剣に向き合い、鍛錬を積んで参りましたが、それでもまだまだ、司令官殿には及ばないのであります」

身体的な発育不良は当人の最も気にするところであり、それを指摘されると意地になって引かない頑固さがある。
あまりに幼い容姿が故に、彼女に対して甘い上官もあったが、当人はそれを是とせず、より厳しい指導を希望するものの、どうしても加減をされてしまう。
その原因が己が容姿にあるとはわかっていても、流石にタバコを咥えてみるような真似や、髭を蓄えて貫禄を出す訳にもゆかず、途方に暮れることもしばしば。
とどめに軍人言葉も見た目と幼少期の癖のせいで子供っぽく、タルトを食べる姿でも見られたらお仕舞いだ。日々鍛錬を掲げてタルト禁をしてみるも、なぜかタルトだけは外せないエネルギーのようで普段よりも全く力が出なくなってしまう。
基本的に負けず嫌いで、上官に「100やれ」と命ぜられれば、千回でも万回でも当人が納得するまで繰り返す努力型であり、教官に命じられた機動が出来るようになるまで、8時間もの間、6回も給油して連続で単独飛行訓練を繰り返し、7回目の給油中に操縦席で気を失い、基地司令に叱られたことがある。

鷹戸まつり
【鷹登まつり】CV: 徳井青空
「これで音楽聞いてるの。ポッケの中? それはー、ひーみーつー!」
西洋フリークで音楽を好む一家に生まれ、幼少期から音楽の英才教育を受けて育った。
傍らにはドイツ人の師がおり、いつも彼女と楽しく音楽を学んでいたという。
両親や祖父母はいわゆる華族の出であり裕福で、彼女は何不自由なく音楽に囲まれて暮らしていた。
上流階級が楽しむ音楽のコンサートにも何度も足を運び、またその地で自身が演奏することもあったほど。
得意な楽器はピアノ。
師の専門であり、また彼女も鍵盤の魅力を知って楽しそうに指を走らせている。
指が柔らかく、また流れが速く美しいのが自慢の才能であった。
入隊は酷く家族から反対されたが、家柄が幸いしてか彼女の適性を鑑みた日本軍の上層部の意向に流されて彼女の入隊を許可することに。
必ず生きて帰って、またまつりの演奏を聞かせてくれ。
その両親の切な願いに頷いて、彼女は今日も空を飛ぶ。

エミリア・フォン・ユンカース
【エミリア・フォン・ユンカース】CV:三森すずこ
「祖父の雪辱を晴らすべく、片端から敵を打ち倒す――それこそが、私に齎された使命である」

ドイツからヨーロッパ圏に掛けて勢力を広げる財閥、ユンカース家の令嬢。
財閥の活動は多岐に渡り、航空機の開発や機械部品の輸出などで財を成していた。
その財閥関係者の多忙さの影響か、父母と顔を合わせる機会はあまり多くなく、専ら入り婿である父の実家――軍人である祖父の屋敷に預けられることが多かった。
祖母は既に亡くなっており、屋敷でも世話は使用人の仕事であったが、祖父はエミリアを孫娘としてたいそう可愛がった。
父母の会話から聞きかじった中途半端な航空機や軍事兵器の知識は祖父との会話でみるみる完全な知識として備わり、また”知ること”が楽しくて仕方がなかった彼女はその楽しい体験と祖父との交流を結び付けて物凄い勢いで祖父に懐いていく。
だが、その幸せがぱったりと失われる事件がある海峡での戦いで引き起こされる。
当初全く知られていなかった謎の敵――FFによる襲撃で、祖父の艦隊は無残にも大敗北を喫した。 レーダーにもない、情報にもない、そして戦略的に考えて出現できるはずのないところから現れた敵性集団。
にも拘わらず、当時FFがあまり知られていなかった弊害か祖父の見落とし、祖父の責任としてすべての軍法会議は終了した。
艦隊司令を辞任し、軍部から引き下ろされた祖父は、どんなに訴えても変わらない処分と訳のわからない敵への混乱で憔悴し、エミリアの好きだった威厳のある振る舞いはなりを潜めてしまった。
エミリアは祖父が弱ってしまった原因を四方八方駆け巡って探し出し、FFという存在に対し激しい憎しみを抱くようになる。大好きな祖父を、自身から奪ってしまったのだと。

 

 

 

以上が本日新しいプロフィールとなった、4人の少女たち。
ここから始まる新しい物語では、何を学び、何を感じ、何を成し遂げるのか…。
まず新章の第1章で、1人の音楽好きの少女から見届けていただければと思います。

また編隊少女の新章からは、メインシナリオを藍藤遊氏に監修していただいております。
氏の綴る、より魅力的な『編隊少女』を引き続きお楽しみください。

それでは、本日はこれにて幕引きとさせていただきます。
またの機会にお会いしましょう。

プロデューサー 兼光 一博

『編隊少女』司令官の皆さまへ

皆様、ご無沙汰しております。
プロデューサーの兼光です。

新年にお伝えしておりました。
エラー画面の発生頻度の低下、ゲームの起動時間短縮、ゲーム内の挙動のアップデートについて、改善を感じていただければ嬉しい限りです。

「編隊少女」のメインストーリーにつきましては、新たに参加していただいた作家の方と膝を突き合わせた結果、皆さんに楽しみにしていただけるような内容になったと確信しております!
今後のメインストーリーのアップとまさかの展開にこうご期待を!

また「編隊少女」のコラボレーション作品についても、間もなく発表できると思います。
「編隊少女」の世界観と人気作品の世界観を合わせて、どのような化学反応が起こるか皆さまと同様に自分達も待ち遠しいです。

更に『どこでも「編隊少女」(仮)』についても、絶賛開発中です。
日々運営をしながら、新規で開発する事の苦しさを感じておりますが、皆さんのスマートフォンにて操縦士と触れ合う事を実現する為に頑張りますので、よろしくお願いいたします。
続きを読む »