編隊少女開発チームblog
編隊少女クッキング♪編

司令官のみなさま、こんにちは。

前回より編隊少女開発チームblogを担当することになった、Kですー。

 

週末はいかがお過ごしでしたか。

ハロウィンが終わったと思ったら、

街はもうXmasへの準備が着々と始まっていますね。

考えてみると今年のAFFイベントも、今月と来月の2回となりました!

今月11月のAFFイベントは、すでにお楽しみいただけているでしょうか。

 

現在のAFFイベント終了まで、残すところあと5日!

 

まだまだ間に合いますよ! ぜひご参加くださいね!

 

と、言うことで、

今回のBlogは、今月のAFFイベント
拝啓、蒼穹の彼方よりのストーリーについて触れてみましょうー。

このお話は、「手紙」をテーマに人と人との想いを繋ぐハートフルなストーリーになっているわけですが、

今回のストーリーで、Kがスポットを当てたいのは

 

「コーニッシュパイ」

 

というお料理です!

このストーリーを初めて読んだとき、コーニッシュパイってなんぞ〜〜〜?

と思ったKは、調べみたわけです。

 

 

コーニッシュパイとは(※Wikipediaより)

イギリスのコーンウォールに関連する具入りのペイストリーである。

別名にコーニッシュ・パイがある。

パスティはパイとは異なり、通常丸い平面のペイストリーに具を置いて、折り曲げて包み、縁に折り目をつけ閉じる。この結果、半円形になる。

伝統的なコーニッシュ・パスティは牛肉、薄切りジャガイモ、ルタバガ(Swedish turnip「スウェーデンのカブ」とも呼ばれる)、およびタマネギを具とし、焼いて作る。

 

 

 

なるほどー! 今回の★5AFFノーマちゃんの故郷のお料理なのね。

 

おいしそー! 食べてみたーい!

イギリス行きたーい!

じゃ、行ってきまーす!

今回はイギリスよりblogをお届け……!!!!

…………。

 

とは残念ながらいかないわけでw

新米司令官なんて、そんなもんです!w

ということで、考えました。

 

「コーニッシュパイ」を作ってみよー!

 

それでは、ここからKの、

 

編隊少女クッキング♪♪♪

 

さあ、ここからKの女子力が試されるぜー!

イギリスご出身の司令官さまがいらっしゃいましたらすみません……!

本場を食べたことがないので、Kのアレンジが入っていますがご了承ください……!w

 

まずは、材料を用意。

シンプルですねーイギリスな感じですねー。

 

通常だとルタバガというカブのなかまを使うそうですが、今回は日本のカブを使用。

じゃがいもはホクホクさせるか、シャキシャキさせるかで悩みましたが、Kはメイクイーンを選びました。

カブとメイクイーンと玉ねぎの食感を楽しめるようにしようと思いまして。

なので、食材は大きめにカット。

 

うむ。いい感じです。

Kのお家のオーブンは、ガスではないので火力が心配なのと、野菜から水が出るのではないかと若干の心配があったので、軽く炒めることにしました。

通常は生のまま、生地につつむみたい。

シャキシャキ感を残すために、軽く炒めてあとはオーブンで火を通す作戦で。

すでに美味しそうなにおいが!!

そしたらあとは、生地で包んで焼くだけ!

パスティの生地は写真で見ると、クッキーっぽい固めなイメージなんですが、

いろんな意味で、サクサクっと作りたいので、

Kはパイシートを使って、ミートパイみたいなものにしてみました。

次は忠実に作ってみたい。

 

そしてテカリを出すために最後に卵黄を塗って

さーて、オーブンへGO!

はじめは200℃で表面を焼いて、その後は180℃でじっくり焼いてみました。

そして完成したのが、こちら!

 

ちょっといびつですが、そこは手作りの温かみを感じて欲しい!w

いいにお〜い! おいししょ〜!!!

 

中身は……パカッ。

うんうん、食材はごろっとイメージ通り!

お肉やお野菜の味付けがシンプルだけど、生地のバターの風味がたっぷりあるので

何も付けずにそのままで食べられちゃう!

 

 

はい、ごちそうさまでしたー!

こんなおいしいパスティを作ってくれるノーマちゃんのような、嫁が欲しいものです。

 

 

このパスティがストーリーの中で、どんな感じで使われているのか

なぜパイの上に「K」って書いていあるのか

それは読んでからのお楽しみです❤︎

 

 

それと、

ノーマちゃんをお迎えした司令官さまは、ノーマちゃんの「操縦士ストーリー」にて、

基地に来てからの彼女の姿を知る事が出来るんです!

「好感度」を上げて、ノーマちゃんのストーリーも読んでみてくださいね❤︎

 

 

 

ではでは、次回blogでまたお会いしましょう。

 

……つづく